自動車を購入する際の価値観とは stopecoviolence.com

どうやって車を選んだか


自動車を購入する際の価値観とは
トップ » 車情報

Contents

運営者情報

車を購入する時の選び方について

車を購入しようと考えた場合、どのような車を購入するかは、その使い方にもよります。街の中でのみ利用し、郊外へ遠く出たりしない場合は、小回りのきく軽自動車などが良いでしょう。コンパクトカーなども良いかもしれません。しかし、長距離でよく使う、もしくは高速道路などをよく走るような場合は、馬力のあるマイカーが必要となってきます。二人しか乗らないのであればスポーツカーという選択肢もあるでしょうし、大勢で乗る場合はワンボックスカーなどという選択肢もあります。

現代主流になっているのは燃費の良い自動車

自動車は時代ごとに変化していきます。現在はエコカーが注目されており、ハイブリッドカーを筆頭に、燃費の良いエンジンが次々に開発されています。国内ではハイブリッドカーが優勢ですが、ヨーロッパではディーゼルエンジンが過半数を占めています。日本国内では排ガス規制の問題からディーゼルエンジンの開発が遅れましたが、最近はクリーンディーゼルなども誕生しています。自動車の台数が増えれば増えるCO2の問題が出てきます。少しでも環境に優しい車が開発されることは良いことですし、燃料費の節約にもなります。

道路交通法の定義で、車両に含まれるもの

一般に車両というと、自動車や電車など、道路上を交通するタイヤが付いた乗り物をイメージしますが、道路交通法では意味が少し違います。 道路交通法の定義では、自動車、原動機付自転車、軽車両、トロリーバスを示すというのが正解です。最近では、自転車が高性能化する一方で、エコな乗り物としても注目されていますが、全体の数が増えることで事故の件数も増えており、高性能化、高速化で重大事故につながる危険も増しています。一般道路で自転車に乗るときも、道路交通法を守って運行しましょう。